まちがいだらけ

孫育て。親代り。葛藤。娘2人との親子関係。私の呟き。遡って残しておきたい...そして、これからの自分へ。

児童相談所への電話

(2019.07.12)

大坂の警察署からの電話をうけて児童相談所へ電話をした...

 

そう言う事実はあったものの、この件に関して話をしたのだが 親権者の了承がとれていない為、この電話ぐちでは答えられないとの事だった。

 

なんだそれ💢

勿論、親権者ではないにしろ これだけ子供達の件に関して関わり続けていて ずっと連絡のやり取りをしてきていて それでもこんな対応をされるのか...

 

今まで 児童相談所からの信用もなくなっては困ると思い 約束通りのサポートをするために休みなく大阪に通い、児童相談所ともキチンと連絡をとり 面談もしてきていて 上二人の子供達も東京で預かる形もとっているのに それでも親権者の意向・親権者の同意・親権者の了承...それが一番に優先される。

 

子供達を大坂から東京へ連れてきてから 子供達の件での主張の違いで (長女ママ)やP輔と対立することになってから 大坂の家の情報や状態、訪問や担当者とのやり取りは親権者の意向により私の方には全て伏せられている状態...。

 

こちらの情報は親権者には伝えられることとなるのに、親権者側の状態や情報は私には知らされない。

 

私自身~子供達は守りたいが 児童相談所に対しては不信感ばかり。

こんな感じなら 児童相談所に対しても協力していこうなどという気持ちはなくなる。

 

今までの経緯があり 筋の通らない行動や発言ばかりされ、その都度 子供達には精神面での負担がかかり その悶々とした気持ちや貯まったストレスの捌け口は全て私に向けられる中で どこにもぶつけられない私の怒りも溜まる。

 

私の物の考え方が間違っているのだろうか...

子供達の為と思って していることは

自己満足でしかないのだろうか...